CSR

三光機工株式会社は、健全な事業活動の推進するために、「CSR方針」及び「行動規範」に則り、社会的良識をもって行動して参ります。

CSR方針

三光機工株式会社は、事業活動を通じて、常に企業価値の向上を目指し、ステークホルダーの信頼に応えるため、経済・環境・社会に影響を与える活動に対して、透明かつ高い倫理観を持って取組むことで、持続可能な社会の発展に寄与し、豊かな社会作りに貢献することを目指します。

CSR行動規範

  1. 健全な事業活動の推進
    (1)
    三つの企業目標及び五つの社員心得の精神を体現すべく、事業活動に取り組みます。
    (2)
    顧客満足の視点に立ち、お客様本位に考え行動します。
    (3)
    あらゆるステークホルダーに対して誠実な企業であり続けることに努めます。
    (4)
    世界に開かれた企業として、各国の文化・慣習を尊重し、国際社会と協調して企業活動を行います。
    (5)
    環境保全に配慮した企業活動を行い、持続可能な社会の発展に貢献します。
  2. 法令遵守
    (1)
    国際ルール、社会ルールを尊重し、事業活動を行う国、地域の法令遵守を徹底します。
    (2)
    過剰な接待、贈答の授受、金銭その他の利益供与など正常な取引関係に影響を及ぼす様な行為を一切しません。
    (3)
    公私の区分をわきまえ、清廉かつ誠実に職務を遂行します。
    (4)
    業務上知り得た情報を利用したインサイダー取引や疑惑を受けるような行為は行いません。
  3. 人権の尊重
    (1)
    人権を尊重すると共に、国籍、人種、性別、出身地、障がい、宗教、信条、年齢などを理由に差別を行いません。
    (2)
    強制的な労働、法定就業年齢に満たない児童労働をさせません。
    (3)
    セクシャルハラスメント、パワーハラスメントを含む、あらゆる人格を否定する行為、他人の尊厳を傷つける行為を一切しません。
  4. 公正な取引
    (1)
    同業他社との会合や業界団体の活動を通じて、申し合わせ(カルテル)を行いません。
    (2)
    取引先に対して、優越的な地位を利用して、不利益を与えることは致しません。
    (3)
    他社の営業秘密を不正な方法で入手、利用しません。
    (4)
    取引先から機密情報として開示を受けた情報は、適切に管理し、開示者の許可なく開示漏斗しません。
    (5)
    知り得た個人情報は、適正に取扱い、保護します。
    (6)
    特許、意匠、商標等に関する第三者の知的財産権を尊重し、使用する場合は権利者の同意を得て使用します。
    (7)
    事業活動を行う国、地域の法令で開示が必要とされる情報や社会とのより良い関係を保つための情報を適宜開示します。
  5. 反社会的勢力との関係禁止

    反社会的勢力である個人及び団体と如何なる関係も持ちません。

  6. 適正な労働環境の維持・向上
    (1)
    労働環境の安全・衛生に関し、事業活動を行う国、地域の法令や  社内規定を遵守すると共に、維持向上に取り組みます。
    (2)
    労働時間を適正に管理し、過重労働による心身の健康障害の発生防止に努めます。
    (3)
    長期的な人材育成を意識し、多様な働き方を尊重します。
  7. 安全、安心な商品、サービスを提供
    (1)
    安全性と品質を重視し、最優先に取り組み、顧客に満足頂ける品質・サービスの維持・向上に努めます。
    (2)
    商品・サービスで事故が発生した場合、迅速に対応し、事故の被害拡大防止を図ります。また事実関係の調査、原因究明、情報開示と再発防止措置をとります。
  8. 地球環境の保全

    地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認識し、当社環境宣言に基づいて行動します。

  9. 地域社会との共生

    企業も地域コミュニティーの一員であることを認識し、地域社会と連携して、共に発展することを目指します。また地域の文化・慣習を尊重します。

  10. 制定日 2017年12月1日
    三光機工株式会社
    代表取締役 森 昌哉

CSR推進体制

CSR関係の全社を統括する部署として新たに「CSR推進室」を設置し、担当取締役を配置しました。各部署の責任者を決め、CSR活動の各部署のキーマンとして機能させます。今後委員会が増えて行けば、「CSR推進室」が委員会を統括する部署として機能させます。

CSR組織図

▲ ページ上部に戻る