沿革

       
昭和20年10月 森新吾が、京都市中京区にて三光商会を創業。
昭和21年4月 京都市下京区七条通千本西北角に移転。
昭和24年6月 組織を改め三光機工株式会社を設立、資本金50万円。
昭和28年4月 東洋ベアリングと代理店契約締結、伝導部品を主力製品とする。
昭和32年3月 七条七本松下ルに倉庫設置。商品と事務所を分離。
昭和39年6月 現在地に社屋を新築移転 ( 3階建て )。
昭和40年3月 コンピュータ導入、顧客管理システムスタート
昭和42年6月 再度の増資を経て資本金1000万円に。
昭和44年4月 滋賀県守山市に、守山営業所開設。
昭和46年4月 本社倉庫新築 ( 5階建て )。
昭和46年6月 資本金2000万円に増資。
昭和52年8月 初代社長森新吾死去。森泰一2代目社長に就任。
昭和53年5月 守山営業所倉庫を新築。
昭和56年3月 資本金を3000万円に増資。
昭和57年7月 本社社屋を新築 ( 5階建て )。
昭和60年2月 (株)サンコーマシナリー設立。社長に森泰一就任。
昭和60年10月 (株)滋賀エヌ・テー・エヌの経営を引き継ぐ。
社長に森泰一就任。( その後(株)京滋エヌ・テー・エヌに社名変更 )
昭和61年3月 滋賀県甲賀郡甲西町に甲西営業所開設。
平成3年2月 資本金4800万円に増資。
平成3年11月 守山営業所社屋を新築 ( 3階建て )。
お得意先工場見学会第一回実施。
平成4年1月 本社隣接地駐車場設置。
平成6年12月 コンピュータ新システム実施。
平成7年11月 創業50周年記念式典開催。
平成9年4月 SMC株式会社と代理店契約を締結。
平成10年9月 サンコーマシナリー久御山工場開設。
平成12年2月 (株)サンエヌマシン設立。
平成12年5月 滋賀県彦根市に彦根営業所開設。
平成13年4月 ホストコンピュータの機能強化とネットワークシステムの構築。
平成13年12月 社長交代、森昌哉 社長に就任。
平成13年12月 KES ( 環境マネジメントシステム ) 取得。
平成15年9月 (株)京滋エヌ・テー・エヌと経営統合し、ベアリング特販部新設。
平成15年12月 組織、管理職制度を変更。
平成16年10月 甲西営業所を湖南営業所に改称。
平成17年4月 退職金・定年制度、就業規則の改定。
平成17年11月 下京税務署より優良申告法人として表敬を受ける。
平成18年4月 社員持株会発足。
平成18年7月 ㈱サンコークリエイト発足。
平成18年12月 ベアリング特販部を湖南営業所ベアリング特販Gに組織変更。
平成19年5月 機械器具設置工事業の許可を京都府より受ける。
平成19年9月 宇治市に宇治営業所、サンコーマシナリー宇治工場開設。サンコーマシナリー久御山工場は閉鎖。
平成19年10月 会長森泰一死去。
平成20年6月 ㈱サンエヌマシンと経営統合。
平成21年2月 守山営業所隣地を購入。
平成21年8月 京都技研工業㈱を子会社化。
平成23年5月 守山営業所に太陽光発電設備設置。
平成23年6月 営業戦略室を開設。
平成23年9月 京都府より特定計量器販売事業者に認定される。
平成24年2月 大阪中小企業投資育成㈱より出資を受ける。資本金5,050万円に。
平成24年5月 守山営業所事務所、倉庫を増改築
平成25年1月 京都市より毒物劇物一般販売業に登録される
平成25年4月 京都府、滋賀県より古物商(機械工具)の許可を受ける。
平成27年1月 社章制定
平成27年2月 タイ王国バンコクにサンコーキコータイランド設立
平成28年9月 西七条の土地を売却
平成29年1月 本社北側隣地を購入駐車場拡張
平成29年9月 宇治営業所南側に300坪の土地を購入
平成29年12月 CSR方針・行動規範を制定。CSR推進室を開設

▲ ページ上部に戻る